新卒採用コンサルティングの実力を知ろう

新卒を採用するにはコンサルティングが役に立ちます。説明会でもなかなか人が集まらないと嘆く中小企業でも、その原因を的確に掴んでアドバイスしてくれます。さらに社内における課題を洗い出して、解決策の提示も行ってくれます。つまり人材確保と共に業務内容の効率化を進めることができるというわけです。実は人材を確保するためには、このような社内改革が必要になります。一般の企業ではそこまで行えませんが、適切な指導により改善を進めることができます。その結果、業績の向上と共に人材にとっても魅力ある職場へと変革させることができるわけです。これが一般の支援サービスとは大きく異なる点と言えます。人材を雇うために企業ごとに抱えるあらゆる課題を見つけ出してくれるからです。

企業が抱える課題を解決する必要性とは

なぜ新卒者を採用するために、コンサルティングはクライアントの業務内容まで調査するのかと不思議に思われることがあります。例えばせっかく人を雇ってもすぐに辞めてしまう会社があるとします。そこで雇った人材に問題があるとして必死に有能な人材の確保に努めることになります。けれども実は、定着率が低い原因は会社の社内環境にあったという事例は数多くあります。これではいくら人材を雇っても意味がないわけです。そこで最初に、説明会で人材が集まらない原因として会社に何か問題はないのかということを徹底して調べるわけです。その上で改善すべき課題が見つかれば、それをどのように解決すべきかを考えることになります。人材募集はその後に行わなければ意味がないということが分かります。

どのようにして人材を集めれば良いのか

新卒採用を手助けするコンサルティングは、あらゆるノウハウを活用して結果を出しています。最初に会社の課題点を解決したならば、次は人材確保に移ります。そこで必要となるのは、会社は実際にどのような人材を求めているのかということです。優秀な人材という表現では不十分です。優秀という言葉の定義は、人によっても会社によっても異なるからです。具体的にどのような人材像を描くのかを明確にしなければなりません。その上でどのように説明会に集めるのかがポイントです。そこで必要とする優秀な人材は、何を求めているのかを分析することが必要となります。大抵の場合は単に給与面や福利厚生といった条件よりも、いかにして自分を高めることができる環境であるかをチェックしています。つまり、そのような要望に応えるためのアドバイスを行っているというわけです。